―Sweetgrass Rods 販売開始にあたり

Sweetgrass RodsはかつてR.L. Winston Rod Co.をトム・モーガンと共に共同経営していたグレン・ブラケットが独立して始めたフライロッド・メーカーです。ルー・ストーナー、ダグ・メリック、ゲーリー・ハウエルズ、トム・モーガンというウインストンの巨星たちは、今でも燦然とバンブーロッドの夜空に輝いていますが、地上に残っているのはグレン・ブラケットだけです。バンブーロッドが、フライロッドのメジャー・プレーヤーだった時代と共に生きてきた最後の伝説、それがグレン・ブラケットで、少なくともバンブーロッドに関する限り、現在のウインストンよりもウインストンの古き良き香りを、はるかに強く残しているのがSweetgrass Rodsのバンブーロッドです。

1995年のオフシーズン、「1本のバンブーロッドが欲しい」と思い立って、アメリカに始まった私のバンブーロッド遍歴は、1本どころかバンブーロッド葺きの小屋が建てられるほどになってしまいまいましたが(あくまでも比喩です、笑)そんな愚かな人生に先が見え始めたところで、ようやく最後の1本に辿り着きました。詳しい話はFlyFisher誌(つり人社)の最新号(2021年 Mid Autumn)に書いているので、ここでは繰り返しませんが、原点は昔のR.L.Winston(私が生まれるさらに以前)にありました。青い鳥ロッドを巡る旅が終わろうとしていることに一抹の寂しさと、もうこれ以上散財しなくてイイんだ、という安堵の気持ちが交差しているそんなタイミングでこの話が出てきました。以前、東京のフライショップの展示会でSweetgrass Rodsの販売の手伝いを依頼されてから、かなりの年月が経過しましたが、ようやくここに落ち着いたという感じです。結局のところ、ミイラ取りはミイラになるという宿命にあるんだと思います。でも、正直なところ、あのR.L.Winstonの系譜の端っこの端っこに、30Xくらいの見えない糸でつながったことに、言い知れぬ喜びを感じているのも事実です。

*今回のSweetgrass Rods 販売は、グレン・ブラケットとの関係で始めることにした例外中の例外で、ふらい人書房としての最初で最後のNON書籍販売と決めています。

阪東幸成

FAQ

・バンブーロッドを持っていないから、1本だけ欲しいんだけど、どれにすればいい?

→普段、どんな釣りをしているかをメール、もしくは電話でご連絡下さい。お薦めのロッドを提案させていただきます。最初の一本として、絶対に後悔はしません。それは保証します。ただSweetgrassを1本買って、その後は目を塞いで暮らして下さい。「さらに良いものがあるかもしれない」と考えるのは、平穏な人生を台無しにする危険思想です。人生に2本目のバンブーロッドは必要ありません。道を誤った愚か者が言うのだから間違いありません。まるで回転寿司のようにお皿に載ったバンブーロッドが、次から次へと目の前に現われて止まらなくなっちゃうんです。と、一応はアドバイスしておきます(笑)。

ラインアップは?

→Sweetgrass Rodsには2ティップの「スウィートグラス・シリーズ」と1ティップの「マントラ・シリーズ」のふたつのモデルがありますが、今回、ふらい人書房で販売するのは基本的に2ティップの「スウィートグラス・シリーズ」のみです。下の「納期は?」に書きましたが、1ティップは折れたときの修理に時間が掛かりすぎて、現時点ではリスクが高いと判断しているためです。「スウィートグラス・シリーズ」では長さ、番手、面数はカスタム・オーダーです。HEX(6角)、PENTA(5角)、QUAD(4角)の本体価格は同一です。

FlyFisher誌に載っていた、あのレッドラップと同じロッドを注文できるの?

→はい、できます。あのモデルのラッピングスレッドの色は「スウィートグラス・シリーズ」の派生モデル「Sunrise」のもので、日本限定仕様です。どうしてもアメリカから極東の日本を見ると「太陽が昇る国」というイメージが強いらしく、そんなイメージとネーミングにしたようです。いつからこの派生モデルがあるかは、よく分かりませんが、たぶん1997年にウインストンのバンブー工房を友人のSトウさんと訪問したときに、Sトウさんが例外扱いのオプションで発注したのが始まりだと思います。その際は、例外扱いだったので、ウインストンというブランドネームをシャフトに書くことはできませんでした。クリムゾンレッドの透明感が素晴らしくて、アクションだけでなく、ルックスも私自身はメチャクチャ気に入ってます。6'9" 2-3wtのこのモデルだけは、既に若干数を発注しています。私の分もそのロットに含まれていて、まだ手元にはないんです(涙)。

 

 

 

 

 

 

 

 

納期は?

→上の「Sunrise」の6'9" 2-3wtのみ、前述したように若干数の入荷を見込んでいますが(おそらく来年の初春)、他のモデルに関しては、現時点(2021年11月時点)で、8-10ヶ月待ちです。なので、今発注したとして、来シーズンのラストスパートにギリギリ、もしくは間に合わないと覚悟しておいた方が身のためです。納期は今後、さらに伸びていくと予想しています。なにしろグレンともうひとりの2名体制なので、生産量に限界がある上、オーダーは増えています。また、オーダーの順番については「バンちゃん、頼むよー」という友人知人からの割り込み依頼は100%お断りします、とあえてここでオープンに宣言させていただきます。なにしろこの世界は、友人知人だらけなので、というか、この世界にしか友達がいない(爆)ので、ただでさえ少ない信頼を失わないよう、正確にご注文順に取り扱わせていただきます。

価格は?

→最上部の写真をクリックすると、Sweetgrassのホームページに飛びます。「ラインアップは?」に書いたように、今回日本で取り扱うのは「スウィートグラス・シリーズ」のみです。

① ロッド本体(2ティップ、布袋、アルミチューブ込み)

  2ピース $2,200

  3ピース $2,700

  *円ドルレートは残金のお支払い日の実勢レートに、クレジット会社の手数料(約2%)を加えて計算し、そ

   こから前払い料金の20,000円を引きます。

② 配送料(米国から日本の国際便及び、日本国内宅急便を含む)

  9,000円

③ 通関及び地方消費税(輸入の際の必要経費)

  19,300円

 以上の合計がお支払い金額のすべてです。

・支払いは?

→モデルにかかわらず、ご注文の際に前払い金として一律20,000円をお支払い下さい。ロッドが完成した時点で、こちらからご連絡をしますので、その際に残金を指定口座へお振り込みいただくか、もしくはクレジットカード、PayPalでお支払い下さい。大変恐縮ですが、前払い金はキャンセルの際にもお戻しできません。逆に万が一、なにかの事情でロッドの製作が不可能となってしまった場合には全額返金させていただきます。

・万が一、竿が折れたり、フェルールの具合がおかしくなったりした場合は?

→Sweetgrass Rodsをふらい人書房から購入された場合、ロッドが折れた原因にかかわらず、生涯無償保証付きです。ご一報の上、弊社へお送り下さい。往復の送料はすべてお客さまのご負担になりますが、あとはこちらで責任を持って対応します。

 

Sweetgrass Rodsのホームページ「Inventory」にあるロッドは買えるの?

→はい、購入は可能です。このリスト(ページの上部にタブがあって、「Sweetgrass 」と「Mantra」が切り替えられます)にあるものに限って「マントラ・シリーズ」の購入も可能です。廉価版である「マントラ・シリーズ」のラッピングデザインと仕様パーツはスウィートグラス・シリーズとは全く異なりますのでご注意下さい。「マントラ・シリーズ」の価格は2ピースが$1,450、3ピースが$1,750で、どちらも1ティップです。「マントラ・シリーズ」に関しては手元に写真がなく、Sweetgrassのホームページにも掲載がないので、「Sweetgrass Mantra photo」でGoogle検索して、写真をご確認ください。なお、このInventoryリストのアップデートが遅いため、売れてしまっていることがままあります。在庫に関しては、問い合わせをいただいた時点で、グレンに確認しますので、まずは私にお問い合わせください。なお、このInventoryリストは、完成品がラックに立てかけてある状態ではなく、ブランクが完成した段階前後での未完成状態にあるため、注文即出荷とはならず、完成までに1ヶ月前後を要します。またSweetgrassのホームページ「Invenrory」に在庫のあるロッドに関しては、発注時に全額をお支払いいだだきます。

・名入れはできる?

→はい、好きな文字をアルファベットで指定して下さい。なおInventroryにあるロッドについては名入れはできません。

・試し振りはできるの?

→オールド・ウインストンやスウィートグラスをこれまでに振ったことがなければ、1度振ってみてほしいのですが、今現在、手元には私自身が使っている7'00" 4wtの8角ロッドしかありません。で、これは大変申し訳ありませんが、貸し出しできません。グレンにサンプルを送ってもらう手配はしていますが、まだだいぶ先になると思います。というのも、じつは今アメリカには、映画『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃、以上のフライフィッシング・ブームが到来しているのですが、自動車産業同様、コロナで生産側がダウンしているために、ショップが売るモノがないほど在庫が払底しています。で、昔フライをやっていた人や、ビギナーから進んでバンブーロッドの存在に気づき始めた人の注文で、Sweetgrassのバックオーダーも溜まってしまっているんです。

・ふらい人書房では今後、他のアメリカン・ロッドを扱う予定はあるの?

→ありません。書籍以外を取り扱うのは、今回が最初で最後です。ふらい人書房は極小規模ではあるものの、一応、出版社です(笑)。今回の案内はあくまでもグレン・ブラケットとの長い間の交友関係から生まれた例外中の例外です。

以上ですが、他に何かご質問があれば、遠慮なく以下へメール、もしくは電話して下さい。不在もしくは話し中だった場合、留守録にお名前と電話番号を残してください。

flybito@me.com

080-7044-9724

ふらい人書房

​阪東幸成

DSCF4125.jpg
スクリーンショット 2021-11-06 11.11.17.png

Sweetgrass Rods

スクリーンショット 2021-11-06 14.57.43.png

MY CART